ホーム

スポンサードリンク

女性ホルモンのツボ

バストアップに効果のあるツボの一つである壇中。

これは両方の乳房のちょうど真ん中にあって、乳首の高さに位置しています。

そこに片手の真ん中3本の指をあて、その上からもう片手の真ん中3本の指でゆっくり優しく力加減に注意して押し当てます。

女性ホルモンの分泌と深く関係があるツボです。


膺窓(ようそう)は乳首と鎖骨の間で乳頭線上に位置しています。

このツボを刺激すると直接乳房へ刺激が伝わるので血行が良くなり、代謝も良くなることから女性ホルモンの分泌を活性化させ、乳腺の働きを促進します。

またこのツボは母乳の出もよくする効果があり、入浴後の血行が良くなっている時に刺激するのがより効果的です。


天枢(てんすう)はヘソから両方の外側に指3本分のところに位置しています。

このツボは腸に働きかける重要なツボでもあります。

そのため腹痛の時に刺激すると痛みを和らげることができるとされています。

また腸の働きを整えると、全身が調整されて新陳代謝を促進したり、女性ホルモンの分泌を促したりとバストアップやヒップアップまた冷え性などにも効果的です。


関元(かんげん)はヘソを恥骨の間を5等分したときに、ヘソから3つ分下がったところに位置しており、丹田(たんでん)とも呼ばれています。

女性ホルモンに働きかけ、分泌を促したりバランスを整えたりすることから生理痛の緩和やバストアップ、美容にも様々な効果があります。


身柱(しんちゅう)は首の付け根の出っ張ったところから背骨へくぼみ3つ目のところに位置しています。

女性ホルモンや新陳代謝に働きかけるためバストアップ効果はもちろんのこと、美容にも女性に嬉しい様々な効果があります。


膈兪(かくゆ)は背中にあるのですが、首を前に倒した時に骨が一番出っ張っているところから数えて下に8番目と9番目の間から指2本分外側に位置しています。

このツボを一人で刺激するのは難しいので誰かに手伝ってもらうのがいいでしょう。

このツボは自律神経を整えることで、女性ホルモンに働きかけます。

スポンサードリンク

女性ホルモンサプリメント

更年期などの女性ホルモンの乱れをサプリメントなどで補う場合は、いくつかの注意点があります。

* サプリメントと解毒の悪循環におちいいっていないか。
* 完全無添加であるか。
* ちゃんとしたエストロゲンが含まれているか。

を選ぶにあたって まず「完全無添加」であることが第一条件。

そして、そのものの原料が日常的に「人が長い歴史の中で食してきたもの」であることも大事です。

先人がその知恵で体の自然治癒力を高めるために使ってきた素材を使用している。

これも大事です。

女性ホルモンのホルモンバランスを整えるには女性ホルモン,エストロゲン様の働きをする成分が入ったサプリメントをおすすめします。

完全無添加の安全で安心なサプリメントを見極め女性ホルモンのホルモンバランスを整えましょうね。

オススメは、高麗人参、ローヤルゼリー、ハーブ系セントジョーンズワート(西洋おとぎり草)、ハーブ系カモミール、ハーブ系セージ、ハーブ系ラベンダーなどです。

女性ホルモンとむだ毛

ホルモンは身体の様々な機能を調整していますが、女性ホルモンのバランスは、ムダ毛などの体毛にも影響を及ぼします。

エストロゲン、プロゲステロンなどの女性ホルモンとテストステロンなどの男性ホルモンは、特に女性と男性の性差に影響を与えることから"性ホルモン"と呼ばれ、皮膚やムダ毛などの体毛に関与しています。


女性は男性の1/10の男性ホルモンがあり、男性は女性の約半分の女性ホルモンがあるといわれていますよね。

男性ホルモンは男性の体毛を硬毛化させる働きがあるんです。

女性でも男性ホルモンが多くて影響を受けやすい人はムダ毛の硬毛化が進みます。


また、男性でも男性ホルモンが少なかったり影響を受けにくい人は、ムダ毛の硬毛化があまり進みません。

女性で更年期などで体毛が濃くなる事もあるのは、女性ホルモンの減少に対して男性ホルモンの減少は少なく性ホルモンのバランスに変化が起き、硬毛の割合が増える為です。


毛に関すること

*無性毛(性ホルモンが関係しない)...眉毛、睫毛、四肢の毛、側頭部、後頭部
*両性毛(性ホルモンと関係し、男性・女性ともに見られる)...脇毛、陰毛下部
*男性毛(性ホルモンと関係し、男性に見られる)...ヒゲ、胸毛、背中、耳毛、手足の硬毛、陰毛上部、前頭部、頭頂部

女性で男性のような硬毛が発生している場合、多毛症(内分泌異常、代謝異常などがある)の可能性があるので、適切な治療が必要ですからね。

必ず婦人科に相談して下さいね。

Return to page top